| HOME | INFORMATION | PROFILE | DISCOGRAPHY | STORE | FACEBOOK | MAIL | LINKS |


PROFILE
 
松岡直也(まつおか なおや) ピアニスト、作・編曲家
1937年5月9日-2014年4月29日

横浜市本牧生まれ。日本を代表するラテン・フュージョン音楽の第一人者。15歳でプロデビューし、自己のバンドを率いてライブを中心に活動を開始する。その後、CM、サウンドトラック、映画など様々な音楽分野において作品を手掛け活躍の場を広げていく。1977年、1stアルバム「Joyful Feet」を世に送り出して以降、オリジナリティ溢れるドラマティックなサウンドと美しいメロディで創り上げる数々のオリジナル・アルバムを発売し続けた、ロマン溢れる音楽家である。代表作として、アルバム「九月の風」「午後の水平線」「夏の旅」「ハートカクテル」などがある。海外では、過去2回スイスに渡り「モントルー・ジャズ・フェスティバル」に出演し観客を魅了し喝采を浴びる。コンサート活動とレコーディングの多忙な日々を過ごしながら、作・編曲家としても1985年、日本レコード大賞受賞曲「ミ・アモーレ」の作・編曲を手掛け、日本作曲家大賞・優秀作曲家賞を受賞するなど幅広い活躍をみせる。
2012年、音楽活動60周年を迎えた偉大なるピアニスト、作曲家・編曲家である。

◇代表作
「黄色いサクランボ」編曲、TVドラマ主題歌「太陽がくれた季節」編曲(日本レコード大賞、新人賞受賞)、いしだあゆみ「小さな愛の歴史」作曲(古賀賞、日本作曲家大賞受賞)、中森明菜「ミ・アモーレ」作・編曲(日本レコード大賞、日本作曲家大賞・優秀作曲家賞受賞)わたせせいぞう「ハートカクテル」オリジナル・サウンドトラック、平山郁夫画伯「私たちのシルクロード」オリジナル・サウンドトラックなど、数々。

 
 
BIOGRAPHY
 
1937年 5月9日横浜生まれ。生家は本牧・小港にあった“東亜ホテル”。
1944年 独学でピアノを弾き始める。
1952年 パントマイム役者、“パン猪狩とマーキス・トリオ”のピアニストとしてデビュ−。
1953年 自己の最初のバンド“松岡直也カルテット”を結成。
          “浜口庫之助とアフロ・クバーノ・ジュニア”にピアニスト、アレンジャーとして参加。「黄色いサクランボ」を編曲。
          その後ラテン音楽の虜になり“キューバン・スペシオーサ”を結成。
1954年 新しいクラブのオープンに備えて“松岡直也ピアノ・トリオ”を結成。
1956年 “ピアノ・トリオ”を解散しラテン・アンサンブル強化のため“ラテン・スぺシオーサ”を結成。
1957年 “松岡直也ラテン・ピアノ・トリオ”で活動する。横浜に戻りラテンバンド“松岡直也ハバナ・ビーツ”を結成。
1959年 “ハバナ・ビーツ”は、“松岡直也ハバナ・ビーツ・オーケストラ”へと発展し活動を続ける。
1961年 “アーティストリー・サウンド”を結成し、ショーの音楽プロデュースと編曲を手掛ける。
1964年 映画・TV・CM等の作編曲を手掛けながら、スタジオ・ミュージシャンとして活動を始める。
1972年 TVドラマの主題歌「太陽がくれた季節」を編曲。同曲は日本レコード大賞、新人賞を受賞。
1973年 いしだあゆみ「小さな愛の歴史」で作曲家として古賀賞(日本作曲家大賞)受賞。
          “松岡直也オール・スターズ”を結成しライブ活動を再開する。
1977年 1stアルバム「JOYFUL FEET」を発売。 日本初のオリジナル・サルサ誕生と注目される。
1978年 「STEFFANIE DE PRAIA」、「DAY BREAK」を発売。
1979年 “松岡直也&ウィシング”を結成。「THE WIND WHISPERS」を発売。「FIESTAFIESTA」、「MAJORCA」を発売。
          “ラテン・ジャズ・アンサンブル”の日本公演にピアニストとして参加。
1980年 「SON」を発売。スイス“モントルー・ジャズ・フェスティバル”に出演。「LIVE at MONTREUX FESTIVAL」を発売。
1981年 土岐英史と共同プロデュースによる「PACIFIC JAM」を発売。「THE SHOW」を発売。幻のバンド“マッシュ”を結成。「MASH」を発売。
          ヴォーカルをフィーチャーした「DANZON」を発売。
1982年 音楽活動30周年を迎える。「九月の風」を発売。当時大学生を中心に大ヒットしオリコンチャート第2位、半年間30位以内のロングランにチャートインするなど
          インストゥルメンタル・ミュージック界において驚異的な記録を作る。
          30周年記念「FALL ON THE AVENUE」を発売。
          “松岡直也&ウィシング”を解散し、“松岡直也グループ”を結成。
1983年 「午後の水平線」を発売。“ニューヨーク・フィルハーモニア室内管弦楽団”とツアーを行う。
          2度目の“モントルー・ジャズ・フェスティバル”に出演。「WELCOME」を発売。
1984年 「夏の旅」、「LONG FOR THE EAST」を発売。“KIRIN EAST MUSIC FESTIVAL”の音楽プロデュースを担当し、出演。
1985年 「SPLASH & FLASH」を発売。NHK-FM“中南米ニューヒット”のDJを担当。TV“ニュースステーション”のテーマを作編曲。
          中森明菜「MI AMORE」の作編曲を手掛け、同曲は日本レコード大賞受賞。松岡は、日本作曲家大賞・優秀作曲家賞を受賞。
1986年 「WATERMELON DANDIES」を発売。わたせせいぞう“ハートカクテル”のサウンドトラック、「ハートカクテルVol.1」を発売。
1987年 音楽活動35周年を迎える。新日本プロレス藤波辰己選手のテーマ曲を手掛ける。「ハートカクテルVol.2」を発売。35周年記念「日曜島へ」を発売。
1988年 TV・CMテーマ曲「TE QUIERO MUCHO」の作編曲を手掛ける。「MAJESTIC」を発売。NHK-TV“趣味講座 ベスト・サウンドW”の講師を担当。
          FANIA ALL STARSを招聘し、5日間の“LATIN FIESTA”をプロデュースし、出演。
1989年 「SONGS and DAYS」を発売。“松岡直也パッショネイト・ピアノ・コレクション”を結成。「NOW'S THE TIME」を発売。
1990年 「TIME PASSING」、「JUNE JULY AUGUST」を発売。ライブ・アルバム「PLAY 4 YOU」を発売。
1991年 TV“翼・夢紀行”、“気ままなパスポート”のテーマ曲を手掛ける。「MAPAΘΩN」を発売。
1992年 音楽活動40周年を迎える。40周年記念「DANCE UPON A TIME」を発売。10年ぶりに“松岡直也&ウィシング”でコンサートを行う。
1993年 「MINERAL」を発売。博覧会“VOICE '93”のリサイクルのテーマ曲を手掛ける。13人の大編成バンド“松岡直也BANDA GRANDE”を結成。
1994年 「ヴィーナスを探せ」を発売。“J.LEAGUE LIVE”のオープニング・テーマ曲を手掛ける。柏レイソルのイメージソング「サンバ・レイソル」を手掛ける。
          マルシア「アモール・サウダージ」、「紅いロータス」の作編曲、プロデュースを手掛ける。
1995年 “A TOUCH OF JAZZ”3周年記念の音楽プロデュースを担当し、出演。
1996年 「シーラカンスの夢」、CD-ROM「シーラカンス・ジャーニー」を発売。
1997年 音楽活動45周年を迎える。“A TOUCH OF JAZZ”5周年記念の音楽プロデュースを担当し、出演。
          ベスト・アルバム「SUMMER VACATION」、「MUCHOS NAOYA」を発売。TVドラマの音楽をプロデュースし、サウンドトラック「智子と知子」を発売。
          缶コーヒーのTV・CM音楽を手掛ける。45周年記念アルバム「EMERALD」を発売。
1998年 ロサンゼルスで開催された“わたせせいぞう作品展”のスペシャル・プログラムとしてコンサートを行い、観客を魅了し大喝采を浴びる。
          “松岡直也Super5”を結成。このアコースティック・ラテン・ジャズ・ユニットで年末ライブを行い、各地でファンを盛り上げる。
1999年 “Super5”のメンバーを中心にレコーディングしたアルバム「THE EARTH BEAMS」を発売し、ライブツアーを行う。
2000年 自身のレーベル"ANT"を立上げ、今までの作品を再発売する。
2001年 アルバム「UN JOUR...」を発売。
2002年 音楽活動50周年を迎える。
          NHK総合テレビ「公園通りであいましょう」にウイークリーゲストで1週間出演、多種多彩なゲストとジャンルを超えたセッションを展開させる。
          京都で開催されたファッションショー「ファッションカンタータ from KYOTO」の音楽を担当し、総勢27名からなる松岡直也オーケストラで演奏。
          音楽活動50周年記念アルバム「AN AFFAIR TO REMEMBER」を発売。
2003年 よみうりランドEASTで開催された「クロスオーバージャパン'03」に出演。
2005年 アルバム「SINCERELY」を自身のレーベルから発売!ライブDVD「松岡直也グループ LIVE!!」を発売。
2006年 新たなサウンドを求めて新ユニット、“松岡直也&和田アキラ B.F.Unit”を結成。
2007年 音楽活動55周年を迎える。
2008年 音楽活動56周年を迎える。
          阿川泰子アルバム「MEU ROMANCE」のサウンドプロデュースを手掛け、阿川泰子 meets 松岡直也の全国4ヶ所・8公演のツアーに"Naoya & Akira" B.F.Unitで出演。
2009年 音楽活動57周年を迎える。松岡直也 ザ・スペシャルと題し、"Hot & Unique"のツアーを各地で行う。
          ライブDVD「57周年記念 松岡直也 ザ・スペシャル "Hot & Unique" ライブ」を発売。
2010年 音楽活動58周年を迎える。松岡直也 58周年記念 “Play 4 You”ツアーを全国6ヶ所で9公演行う。
2011年 音楽活動59周年を迎える。強力なリズム陣に加えホーンセクションを率いて、”松岡直也 INFINITY”を結成。大阪・名古屋・東京でツアーを行う。
          5枚組CD BOX「松岡直也 BEST COLLECTION WARNER MUSIC YEARS 1979-1996」を発売し、60周年のプレ・イヤーを飾る。
2012年 音楽活動60周年を迎える。“松岡直也 & Wesing ”でツアーを行い、唯一無二の圧巻のサウンドで各地のファンを熱く盛り上げる。
          「松岡直也 INFINITY ライブ〜音楽活動 60 周年記念〜」と「〜音楽活動 60 周年記念〜松岡直也&ウィシング・ライブ」の DVD を発売。
2013年 音楽活動61周年を迎える。ベスト・アルバム「DRIVE BEST!」を発売。
2014年 音楽を愛し音楽に包まれ夢を膨らませながら、4月29日旅立つ。享年76歳。
2016年 3枚組ベストアルバム「Beautiful Journey -Romantic Piano Best Collection-」を発売。